blog index

Lohas & Living Food
(ロハス&リビングフード)

料理研究家Yukiyoが食にまつわるあれこれをご紹介します☆
サフランで更年期障害緩和!
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ ← 1ポチお願いします。ランキング参加中です。

サフランの花

サフランは多年生の球根植物で、アヤメ科サフラン属で学名を crocus sativus といいます。 強い芳香を放つ、赤くて長い雌しべは貴重とされ、乾燥させ料理、染料などに使われます。
他の香辛料に比べ、非常に高価な香辛料でも知られていますが、それは利用部分である雌しべが1本につき3本しか存在せず、これを一つ一つ摘み取って乾燥させたる…と大変手間がかかっているからです。1gのサフランを得るのに300本の花が必要です!

パエリアやブイヤベースにには欠かせませんね!
少量でも充分に色が出ますので、あまり大量に入れ過ぎない様に。
湿気を嫌いますので、多湿な場所は避けて保存しましょう。すぐに使わなくても適切な保存さえ行えば2年はもちます。

サフラン

サフランは、使い方次第で「食品」にも「医薬品」にもなります。
生薬名や和名は「番紅花(ばんこうか)」と呼ばれています。

更年期障害の緩和やストレスの減少、鎮静作用・月経不順の解消・不眠症の改善・頭痛やめまいの緩和・てんかんの緩和などに効果を発揮します。
また、サフランの活性部分はクロシンという物質であることが判明し、痴呆を改善する働きがあることがわかりました。
その他にも冷え性の改善や発汗作用などの働きもあります。
が、子宮収縮作用が報告されていますので妊婦の方は摂取しない様に注意しましょう。

********************************************************
サフランにはちょっとした思い出があります。
もう何年も前の話…
皇太子徳仁親王に一度だけ間近でお会いしたことがあるのですが、その時、サフランについてお話をしました。質問されそれにお答えしただけの短い会話でしたが…感激!でした。
その時はパエリアや世界各国のお米料理を作ったのですが、それ以来、サフランを使ったお料理を作る度、その時のことを思い出しますポッ

********************************************************

ひらめきクロシンで記憶力UP!ド忘れにも効果あり

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

料理研究家Yukiyoです。いつもご訪問ありがとうございます。
ランキング参加中です。励みになりますので、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
| Yukiyo | 食材・調味料 etc. | 11:34 | comments(3) | - |
唐辛子のカプサイシンとカプサンチン
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ ← 1ポチお願いします。ランキング参加中です。

唐辛子 ← MYキッチンにかけてある唐辛子です。
   唐辛子には邪気を払い、幸運を運んでくれるという言い伝えがあり、
   家を守ってくれると言われています。
   お守りとしてガラス製のストラップなどもあるようですね。
  
   唐辛子はナス科トウガラシ属の一年草。熱帯では多年草。   
   ピーマンとは同種で、辛味の強い品種から甘い品種まで世界中に
   500種以上があります。

   辛味のある品種は、胡椒などの他の香辛料と同様、料理に辛みを
   つけるために使われます。
   健胃薬、凍瘡・凍傷の治療、育毛など薬としても利用されています。

   果実は緑のままでも食べることが出来る。一般に、緑色のものは
   青唐辛子、熟した赤いものは赤唐辛子と呼ばれる。

辛味の正体カプサイシン血行を良くし食欲を増進させ、発汗を促す作用るのは有名ですが、唐辛子の学名「Capsicum annuum」(カプサイシウム アニューム)からきています。Capsicumとは「カプセル状の、空洞の」という意味で、唐辛子やピーマンの学名となっています。

赤唐辛子に含まれるカプサンチンは、赤い色の成分で、酸化防止と生活習慣病の予防と改善に効果が期待できます。
カプサイシンとは全く別のものです。

ひらめき赤系フィトケミカル:カプサンチン

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

料理研究家Yukiyoです。いつもご訪問ありがとうございます。
ランキング参加中です。励みになりますので、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
| Yukiyo | 食材・調味料 etc. | 19:53 | comments(1) | - |
ムスクラン
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ ← 1ポチお願いします。ランキング参加中です。

レストランや植物の種で「ムスクラン」って書いてあるのを見かけたことはありますか?
ベビーリーフ同様、サラダ用に若い葉菜の柔らかい葉を取り混ぜたものをいいます。

ムスクラン

ムスクラン(mesclun)とは北イタリアで始まった栽培方法でミスティカンツァ(misticanza:混ぜ合わせる)のフランス語読みです。
※英語ではメスクラン・グリーンズ(mesclun greens)

北イタリアで、野菜の少ない春先に野菜を何種類か混ぜてサラダとして食べていたのが始まりで、1981年にニースの野菜管理局が「ムスクラン」の名を正式に認証しました。

ムスクランに使われている7種類のベビーリーフ
・ヒロハエンダイブ……苦みがなく、シャキシャキした歯ざわり
・レタス……つやと張りがある
・エンダイブ……特有の香りとほのかな苦み
・ルコラ……辛みとゴマの風味
・マーシュ……つやわらかな舌ざわりとかすかな苦み
・トレビス……紫色の葉で葉脈は白く歯ざわりがよい
・タンポポ……ほのかな苦みと菊の香り

ヨーロッパ版の春の七草ですねニコニコ

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

料理研究家Yukiyoです。いつもご訪問ありがとうございます。
ランキング参加中です。励みになりますので、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
| Yukiyo | 食材・調味料 etc. | 23:13 | comments(1) | - |
砂糖の比較☆体を温める砂糖は?
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ ← 1ポチお願いします。ランキング参加中です。

今日は寒かったですね。
春一番と寒の戻りは紙一重なのだそうです。

本格的に花粉の季節になりましたね…
アレルギー対策をしている人はお砂糖にも気を使われているかと思いますが、普段どんなお砂糖(甘味料)をお使いですか?

現在、私のキッチンには…
てんさい糖・きび砂糖・米水飴 ・蜂蜜 ・黒砂糖・赤糖・素焚糖・和三盆・
やしの花蜜糖・アガベ・オリゴ糖・メープルシロップ・メープルシュガー・
果糖・羅漢果・乳糖・白砂糖・グラニュー糖
 などの甘味料があります。
てんさい糖を使用することが多いですが、それぞれ特徴がありますので、用途によって使い分けています。

では、代表的な「砂糖」…5種類について比較してみましょう。

白砂糖 三温糖 黒砂糖 きび砂糖 てんさい糖
 「白砂糖」   「三温糖」   「黒砂糖」   「きび砂糖」   「てんさい糖」

まず、原料ですが、さとうきびを原料とするものと、砂糖大根(てんさい)を原料とするものの2種類に分類することができます。

さとうきび原料
白砂糖・三温糖・黒砂糖・きび砂糖
分子構造的には単糖類で、消化吸収が早い分、消耗も早い
血糖値の上下が激しい
さとうきびは熱帯の植物

砂糖大根(てんさい)原料
てんさい糖
分子構造的には多糖類なので消化・吸収に時間がかかる
血糖値の上下が緩慢
てんさいは寒冷地でとれる→体をあたためる作用がると言われている
てんさい糖はオリゴ糖を含むのでお腹に優しいですポッ

ミネラル含有量の比較
(◎)黒砂糖>(○)きび砂糖>(○)てんさい糖>(△)三温糖>(×)白砂糖

ミネラル含有量が多くなるほど、独特の風味やコクが増す傾向にあるので、素材の味や香り、色などを生かしたい場合など、それぞれの特徴を理解した上で、用途によって使い分けるといいですねニコニコ

おはな 便秘解消&ダイエットに「オリゴ糖」!
おはな 上品な甘さを楽しめる「和三盆糖」

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

料理研究家Yukiyoです。いつもご訪問ありがとうございます。
ランキング参加中です。励みになりますので、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
| Yukiyo | 食材・調味料 etc. | 18:27 | comments(7) | - |
バレンタインに・・・ヘルシー食材
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ ← 1ポチお願いします。ランキング参加中です。


明日はバレンタインデーですねラブラブ
大切な人のために…自分のために…
手作りチョコやケーキを作られる方にヘルシーな食材をご紹介します。

キャロブパウダー

「キャロブパウダー」をご存じですか?
既にお使いの方もいらっしゃるかと思いますし、自然食品店などでご覧になったことのある方も多いのではないかと思います。
私もお菓子を作る際、ココアの代わりに使ったりしています。

「キャロブ」は主に地中海付近で栽培されるマメ科の植物(日本では「いなご豆」)のことです。
この「キャロブ豆」のさやを乾燥させ、煎って粉末にした物が「キャロブパウダー」です。
ココアに近い風味を持ちながら、ココアに比べ鉄分、繊維が豊富で、カルシウムはココアの約2倍です。また脂質がカカオより少なく低カロリーです。
アメリカではココアの代わりになる健康食品として使われていて、コレステロールやカフェイン等の刺激物を含まないため、アトピー性皮膚炎の悪化を防ぎます
ココア同様にお菓子等に使います。

もちろん、チョコレートやココアにもカカオマスポリフェノール等による色々な効果が期待できます。
でもチョコレートアレルギーを起こす子供やペットでも安心して食べられますね!

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

料理研究家Yukiyoです。いつもご訪問ありがとうございます。
ランキング参加中です。励みになりますので、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
| Yukiyo | 食材・調味料 etc. | 23:50 | comments(3) | - |

 





bolg index このページの先頭へ