blog index

Lohas & Living Food
(ロハス&リビングフード)

料理研究家Yukiyoが食にまつわるあれこれをご紹介します☆
シャリシャリの秘密

日本の梨は他の果物にはない、シャリシャリとした歯ごたえが特徴ですよね。

この梨独特の食感はペントザンやリグニンという成分からできた石細胞という、種子を守るための硬い細胞によるものです。



石細胞(stone cell)は、通常、野菜や果物の皮の部分にある固い細胞膜で覆われた細胞のことです。梨には皮だけでなく果肉の中にも石細胞があるため、シャリシャリとした独特の食感になるのです。

この石細胞は、まだ実が熟す前には種子のまわりに多くあり、果肉を堅くすることで大切な種子を守っているのです。そして実が熟すと、石細胞は果実全体に散らばります。

また、石細胞は人間の胃腸では消化されず、腸を刺激し便通を良くする効果があると言われています。体の中で食物繊維の働きをして、血中コレステロールを吸着し、体内に吸収しにくくします。
また、梨に含まれるカリウム(140mg/100g)と作用して、ナトリウムを追い出し、潤沢な水分が血液をサラサラにしてくれ高血圧予防にもなるのです。

海外では、日本ナシは「Sand Pear(砂の食感)」だと不人気でしたが、改良が進み、現在ではWater Pear、Apple Pearと呼ばれ、生水を飲めない国々で、甘い水を提供してくれる貴重な果物として人気が高いのだそうです

 梨の「My三水」
 梨で秋風邪予防
 
みずみずしさが命!

ご訪問、ありがとうございます。
 ブログ村ランキングに参加しています。ポチっと、クリックお願いします

料理研究家
← ポチッ

| Yukiyo | 果物でキレイ☆ | 21:12 | comments(2) | - |
みずみずしさが命!

「梨の表面がザラザラしているものとツルツルしているものがあるのはなぜ?」という質問をいただきました。

わかる範囲でお答えますね



果皮が茶色い「赤梨」は成熟すると、果皮にザラザラの斑点が目立ちますが、これは「果点コルク」といって、水分を果実に閉じこめておくためのコルクの役割をしています。

梨の実は、まだ熟していない頃、皮の表面にある気孔という穴で呼吸していますが、果実が成長し大きくなると、皮の表面も広がるので気孔は壊れてしまうのです。
その時、この壊れた気孔の部分から、中の水分が出るのを防ぐのが先ほどの果点コルクの役目で、内側からコルクでフタをして、水分を中に溜め込めるようにしているのです。

果点コルクが外に水分が逃がさないため、ナシはみずみずしいのですポッ
果皮のザラザラ感は熟すにつれて減り、食べ頃になるとツルツルになってきますので、食べ頃の目安にするといいですね。

梨は購入したらできるだけ早く食べるのがベストですが、保存する場合は冷暗所保存で3〜4日、冷蔵庫保存で1週間〜10日位は保存可能です。(品種によって違います)
冷暗所で保存し、食べる数時間前に冷やしてから食べると、甘味が増して、更に美味しくなります。
冷蔵庫で保存する場合は、果物の呼吸による品質劣化は少なくなるけれど、水分が蒸発するとカサカサになるので、乾燥に注意しましょう。
梨はみずみずしさが命です!
新聞紙やラップで包むか、保存用ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

果実は収穫してからも呼吸をしています。果実全体の呼吸量のうち、へたでの呼吸量がかなり大きいので、へたを上にすれば軟化老化が早く進行しますが、へたを下にすることで呼吸量がおさえられるので、長持ちしますニコニコ


梨
ちなみに、「梨尻柿頭」ということわざにあるように、
梨は「お尻」の部分が一番美味しいです

もっとも美味しい
甘味が少なく酸っぱい



今の季節は乾燥して、風邪をひきやすいので、秋風邪の予防にも、梨はオススメです

 梨の「My三水」


ご訪問、ありがとうございます。
 ブログ村ランキングに参加しています。ポチっと、クリックお願いします

料理研究家
← ポチッ

| Yukiyo | 果物でキレイ☆ | 19:29 | comments(3) | - |
梨の「MY三水」



梨の花です。可憐ですね。。。

梨は大好きな果物の1つですが、品種が多くそれぞれ特徴があり、旬もそれぞれなので、色々楽しめますねニコニコ

「幸水」「豊水」「新水」が「三水」として有名ですが、現在は「幸水」と「豊水」が主流を占めています。

これから出てくる「南水」も、もみずみずしくてオススメですグッド
「越後」と「新水」を掛け合わせてできた交配品種で大きく食べ応えがありますモグモグ
中には500gを超えるものもあります。

梨

「幸水」「豊水」「南水」が「MY三水」です。
これであれば旬がずれているので、長く楽しめます。

「幸水」…8月末から9月中旬まで
日本梨の約40%を占める代表的な品種。
250〜300gの扁円形で、お尻の部分が大きくへこんでいるのが特徴。
酸味が少なく甘みが強くて果肉が軟らかく、みずみずしく、上品な食感です。糖度14度

「豊水」…9月中旬から10月初旬まで
350〜400g。幸水と並んで生産量が多い。
果汁が多く、甘みの中に適度な酸味があります。

「南水」…10月中旬頃から10月末まで
甘みが強く、酸味が少ない。糖度16〜17度。日持ちもよいので贈答品にも◎
みずみずしく、シャリッシャリとした歯触りです。

これらの果皮が茶色い「赤梨」は成熟すると果皮にザラザラの斑点が目立ちますが、これは水分を果実に閉じこめておくためのコルクの役割をしています。果皮のザラザラ感は熟すにつれて減り、食べ頃になるとツルツルになってきますニコニコ
ちなみに、二十世紀梨などの「青梨」は少し黄色っぽくなれば甘みが出た証拠です。

ご訪問、ありがとうございます。
 ブログ村ランキングに参加しています。ポチっと、クリックお願いします

料理研究家
← ポチッ

| Yukiyo | 果物でキレイ☆ | 09:04 | comments(6) | - |
初夏を感じる抗酸化フルーツ



何の花かわかりますか?

最近は初夏を感じる果物の「初物」をいただく機会が多いですね。
その代表的な果物・・・枇杷(ビワ)の花です。

ビワはハウス栽培のものも増えつつありますが、露地物はは5月〜6月ですが、ごく短い期間しか出まわらないので、最近では珍しく季節性のあり、旬を感じます。


びわ「桃栗3年柿8年」と言いますが、これには続きがあり、「枇杷は9年でなり兼ねる、梅は酸い酸い13年」というのだそうです。

実の90%が水分で、ビタミンB群、りんご酸、クエン酸などを含み、カゼで咳が止まらないときや、熱があって喉が渇くときに生の実を食べると効果があると言われています。


ビワの果実には、カロテノイドというフィトケミカルが多く、カロテノイドの含有量が多ければ色が濃く、含有量が少なければ薄くなります。ビワに含まれているカロテノイドには、β-カロテンと、β-クリプトキサンチンなどがあります。

β-カロテンは、体内で必要とされる分だけビタミンAに変わり、粘膜などを守って抵抗力を高める働きがあり、生活習慣病を引き起こす活性酸素を除去する、抗酸化作用があります。
β-クリプトキサンチン高血圧の予防をはじめ、がん予防やアンチエイジングなどで注目されています。

また、ビワにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸も含まれています。クロロゲン酸は、がん予防やウイルス疾病予防(インフルエンザ予防)に効果があると期待されています。


ビワは風通しが良く涼しい場所で保存しましょう。メロンのように追熟せず長期間の保存もできないので、きるだけ早め(2〜3日以内)に食べるようにしましょう。
冷やす場合は、食べる2〜3時間前に冷蔵庫に入れるとよいでしょう。
(冷やしすぎると風味が落ちてしまいます)

ビワで作った酵母で何度かパンを作りましたが、とてもよくできるので、オススメです

| Yukiyo | 果物でキレイ☆ | 00:38 | comments(1) | - |
ブルーベリーの隠れたパワー

今日は終戦記念日ですね。

第二次世界大戦中、あるイギリス空軍のパイロットの証言により研究が進められた食品があります。



ブルーベリージャムが大好物で、毎日、パンの厚さと同じくらいブルーベリージャムをたっぷりつけて食べていた、あるイギリス空軍のパイロットが、夜間飛行や明け方の攻撃で「薄明かりの中でも物がはっきり見えた」と証言し、その話から、イタリアやフランスの学者によりルーベリーの研究が進められました。その結果、野生種のブルーベリーのアントシアニン色素が、人間の眼の働きをよくする効能があることがわかったのだそうです。
そして今ではヨーロッパではブルーベリーを素材とした「目の医薬品」が開発されていて効果が証明されています。

ブルーベリーが、眼に良いことは有名で、サプリメントなども出ていますが、ブルーベリーの効果はそれだけではなく、色々なパワーがあります。

◆抗酸化作用◆
タフツ大学のジーン・メーヤ−米国農務省老化栄養研究センターの研究チームは、市販の果物と野菜、約40種類を対象に抗酸化作用を比較した実験で、ブルーベリーの抗酸化作用がナンバー・ワンであるとという結論を出しました。 がん予防や肌や脳の老化防止に有効です。

◆毛細血管の保護◆
健康な血液を全身に巡らせ、心臓病、脳溢血、冷え症などの予防に。

◆抗潰瘍作用◆
局所の血行をよくし、粘膜の欠損を埋める働きをし、胃や十二指腸や皮膚の潰瘍を修復するよう働きかけます。

◆悪玉コレステロール低下◆
2005年に米国・農務省の研究グループがブルーベリーに含まれるテロスティールビーンという化学物質に、悪玉コレステロール値を下げる働きがあると発表しました。

更に、ブルーベリーにはビタミンE・Cも含まれていますし、食物繊維も豊富です。


ブルーベリーは大好きな果物の1つです。
生の実はもちろん、スムージーやジャム、ケーキ、ソースなど…
ブルーベリーで作った酵素もとっても美味しいですよ

 加齢による視力低下予防に…紫系フィトケミカルを!
 アントシアニンとロドプシン

-------------------------------------------------------------
【  発売中 】
かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78
かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 By Yukiyo
-------------------------------------------------------------

| Yukiyo | 果物でキレイ☆ | 23:35 | comments(4) | - |

 





bolg index このページの先頭へ