blog index

Lohas & Living Food
(ロハス&リビングフード)

料理研究家Yukiyoが食にまつわるあれこれをご紹介します☆
<< 梅の紫蘇漬け | main | ロハスなレストラン >>
一汁三菜のススメ
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ ← 1ポチお願いします。ランキング参加中です。

食の欧風化が進むことによる、生活習慣病の増加が懸念されるようになって、2000年に厚生労働省・文部科学省・農林水産省が連携して『食生活指針』をまとめ、「主食・主菜・副菜を基本に、食事バランスが大切である」と食生活の見直しを促しましたが、「主食・主菜・副菜」は、「一汁三菜」を目指す日常献立の基本です。

「一汁三菜」の基本となったのが、室町時代の貴族や武士階層の食事様式「本膳料理」で、江戸時代後期に、本膳料理形式は簡略化され、町人の間にも「飯・汁・菜・香の物」という日常食に引き継がれ、日本の伝統的な食事様式となりました。
つまり、本膳料理を中心に、懐石料理などが影響し合い、食べやすさ、所作の美しさなどを考えながら生まれたのが「一汁三菜」です。

「一汁三菜」は、飯・汁一品におかず3品(主菜1品+副菜2品)を添えたもので、ごはんは左、汁は右、間に軽い副菜をはさんで、向こうの左に主菜、右にやや重い副菜を置きます。

一汁三菜
  [ 飯 ]
  [ 汁物 ]
  [ 主菜 ] 焼き物・揚げ物
  [ 副菜 ] 煮物・蒸し物
  [ 副々菜 ] 和え物・香り物・サラダ


主菜と2つの副菜で調理法や味付けが重ならないように、偏らない組み合わせを工夫しましょう。
例えば…
主菜を焼き物や揚げ物にしたら、副菜は蒸し物や和え物に…。
主菜が塩辛い味だったら、副菜は甘い煮物や酢の物に…。
料理の温度や食感も違ったものにすると、よりバラエティーに富んだ献立になります。
一汁三菜の配膳は一人分ずつ盛り付けるので、一人当たりの食べる量がわかり、食べすぎを防ぐことができるという利点もあります。

「一汁三菜」を組み立てるときは、季節の食材を取り入れ、調理法や味付けのバランスを考えることが大切ですね。



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

料理研究家Yukiyoです。いつもご訪問ありがとうございます。
ランキング参加中です。励みになりますので、応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
| Yukiyo | 行事食&季節食・食文化 | 10:55 | comments(4) | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/05/31 4:31 PM |

お膳料理は座っていたら目の前に運ばれてきたら良いのですが・・・・
最近は暑いので汁物が頂けていないです。
きちんとお膳にしてゆっくりといただきたいです。
| piko | 2009/08/18 12:55 PM |
普段から一汁三菜を心がけて食事をしています。

自然に栄養のバランスを考えるようになりましたし、食べ過ぎることもなくなりました。
| R.W | 2009/08/18 11:48 AM |
ごはんが左で汁ものが右っていうのは知っていましたが、主菜・副菜の配置もあるんですね。
| ネムネム | 2009/08/17 11:23 AM |
コメントする


 





bolg index このページの先頭へ