blog index

Lohas & Living Food
(ロハス&リビングフード)

料理研究家Yukiyoが食にまつわるあれこれをご紹介します☆
<< 昭和初期の洋食 | main | 節分に食べる縁起もの >>
あったか けんちん汁

昨日からまた急に寒くなりましたね

寒い日はお鍋もいいけれど、お野菜たっぷりのけんちん汁もあたたまっていいですね。
好みで生姜汁や七味唐辛子をふって、あつあつをいただきましょう

けんちん汁

けんちん汁の味付けは「醤油仕立てのすまし汁」が一般的ですが、地域や家庭によって「味噌仕立て」の場合もあります。どちらも美味しいですね。(写真は味噌仕立て)
元来は精進料理なので、肉などの動物性タンパクは加えません。出汁も鰹節ではなく、昆布と椎茸から取ったものを使います。

けんちん汁の由来
けんちん汁(建長汁or巻繊汁)の由来は2つあります。
1つ目の説は、鎌倉にある建長寺の初代住職であった「蘭渓道隆」が、豆腐が崩れてしまったためにそれを無駄にせず、野菜と一緒に煮込んで美味しい汁物を作ったことに由来し、それにちなんで「建長寺汁」、「建長汁」と呼ばれるようになり、言葉がなまって「けんちん汁」と変化したという説です。
もう1つの説は、中国の普茶料理を日本風にアレンジしたものという説で、「巻繊(けんちぇん)」とは細くせん切りにした材料を巻いたもののことなので、大根やゴボウなどをせん切りにし、豆腐などを崩して油で炒めたものを湯葉や薄焼き卵で巻いて、揚げたり蒸したりしたもので、それを日本風にアレンジしたものという説です。


レシピを書くまでもありませんが、ご参考までに…醤油仕込みのけんちん汁です。
材料は、冷蔵庫の残り物でOKです。きのこや青菜を入れても美味しいですね。
だしの取り方や野菜によって変わってきますので、味をみながらお好みの味に調えて下さいね。

材 料
−A−
大根 (いちょう切り)        1/4本 
人参 (半月切り)          1/2本
ごぼう (斜め切り)         1/2本
里芋 (1cm厚さ)            4個
こんにゃく (あく抜きして一口大) 1/2枚
油揚げ (油抜きして短冊切り)    1本

葱 (小口切り)            1/2本
豆腐 (水切りして粗くつぶす)    1丁
ゴマ油                大さじ1
だし汁                 5カップ
酒                   大さじ3
−B−
薄口しょうゆ             大さじ2
みりん                 大さじ1
塩                  小さじ1/2

青ネギ (小口切り)          適宜
生姜 (すりおろし)           適宜
七味唐辛子               適宜

作り方
1. 材料を()のように切って準備します。
2. ゴマ油で、Aの材料を炒め、酒とだし汁を加え、アクを取りながら弱火で煮ます。
3. 野菜がやわらかくなったら、葱と豆腐、Bを加え、さらに5分煮て、味を調えます。
4. 器に盛り、青ネギを散らし、好みで生姜汁や七味唐辛子をふっていただきます。
※味噌仕立ての場合は、Bの代わりに味噌を。


ちなみに茨城県では、豚バラ肉が入り味噌仕立ての具だくさんのけんちん汁をそばにかけていただいたり、冷たいそばやうどんを、あつあつのけんちん汁につけながらいただくそうで、「けんちんそば」は茨城県の郷土料理だそうです。
所変わればで…面白いですね

明日は節分・・・皆さんの所にたくさんの福が来ますように
ポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ


| Yukiyo | 野菜で元気 ♪ | 18:07 | comments(5) | - |
コメント
皆さん、コメントありがとうございます。

けんちん汁は、野菜がたくさん食べられるし、とてもあたたまるので寒い日はいいですね。

冷蔵庫に残っている根菜類やきのこなどを入れてささっと作れるところも◎ですね。
| Yukiyo | 2010/02/06 6:07 PM |
けんちん汁のつけそばって聞いたことあります。
普通のおそばより具だくさんで体に良さそうですね。
| るるか | 2010/02/03 7:41 AM |
我が家では豚肉を入れています。
でも野菜だけでも美味しそうですね。
| Shiho | 2010/02/02 8:56 PM |
寒い日に、いいですね!
ありあわせの野菜をたっぷり入れて…これから作ろうかな。
| めぐみ | 2010/02/02 7:16 PM |
今日はとっても寒いのでこれから急いで作りたいと思います
早く食べたいな〜〜〜!
| kamu | 2010/02/02 6:13 PM |
コメントする


 





bolg index このページの先頭へ