blog index

Lohas & Living Food
(ロハス&リビングフード)

料理研究家Yukiyoが食にまつわるあれこれをご紹介します☆
<< 人参葉のふりかけ | main | 豆苗スプラウト >>
鰹のたたき&皿鉢料理

龍馬ブームですね
私も「龍馬伝」は欠かさず見ていますし(On Timeには見られないので、録画してですが・・・)、同時進行で「お〜い!竜馬」を読んだりと、ややはまり気味です

このブームに乗って、土佐の郷土料理のお店や、居酒屋なども流行っているようですね。
土佐(高知県)は、南に太平洋、北に四国山脈を持ち、山間を多くの清流が流れ、自然の恵みがたっぷりです。とびっきりの素材の持ち味を豪快に生かして土佐の名物料理の数々は生まれました。大自然の偉大さを感じさせてくれるのが、高知県の郷土料理です。

土佐の「食」というと、まず浮かぶのは鰹(カツオ)と、ゆずなどの柑橘類。
お料理では、鰹のたたきと、皿鉢料理です。鰹のたたきは「土佐造り」とも呼ばれますね。



作り方
1. 鰹は節におろして、塩をふり、皮目を中心に表面だけ軽く火が通るようにあぶり、
  氷水で急激に冷やし、水気をよくとります。
※串に刺して直火であぶりましょう。フライパンを強火で熱して、かつおを入れ、ころがしながら表面をさっと焼いてもOKですが、直火で焼いた方が皮が香ばしくなって生臭さを感じません。
2. 食べやすい大きさに切り、薬味とタレでいただきます。

薬味は、生姜・にんにく・大葉・みょうが・長ネギ・青ネギ・三つ葉などお好みで。
タレは、三杯酢や土佐酢、ポン酢もいいですが、オリーブオイルを加えてマリネ風にしたり、ピリ辛にして韓国風にしても美味しいです

------「たたき」の説-----------------------
鰹のたたきの名前の由来にはたくさんの説があります。
1.カツオのサクを強火であぶり、スライスしてニンニクを乗せ包丁の腹で叩いて馴染ませたから
2.カツオの切り身に塩や酢を振り手で叩いて馴染ませたから
3.皮だけをあぶることを「たたき」と呼んだ
などなど・・・
----------------------------------------------------------


皿鉢(サワチ)料理は、大皿に、刺身や寿司、煮物からデザートまでが盛りあわされた大皿料理です。
冠婚葬祭には欠かせないお料理で、個々好きなものを取って食べればよく、新しい料理を作るために席を立たなくてもいいので合理的ですし、皆で楽しめますね。
(写真:郷土料理 土佐藩)

坂本龍馬をはじめ、雄大な自然の中で育った土佐の偉人達は、自由で大らかで、豪快で志熱い志士が多く、そんな人々の性格が、鰹のたたきや皿鉢料理といった、豪快で、肩肘張らずに楽しく味わえる料理にも表れているようです。土佐の人達の人柄を感じられる郷土料理ですね

ご訪問ありがとうございます
龍馬好きの方もそうでない方も、ポチっとクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ 


| Yukiyo | 郷土料理 | 15:54 | comments(5) | - |
コメント
鰹は子供の頃は苦手だったけど、今は大好きです。やっぱりたたきが一番ですね。
今夜も龍馬、みます。
| レオ | 2010/04/25 8:19 AM |
かつおのたたき、大好きです。
韓国風っていうのも美味しそうですね。今度作ってみます。
| 希恵 | 2010/04/25 12:15 AM |
今カツオおいしいですね〜!
たくさんの薬味をいっぱいのせていただくのが大好きです。
| milk | 2010/04/24 11:22 PM |
龍馬伝、見てます。
皿鉢料理って、さわち料理って読むんですね。
刺身と寿司ならわかるけど、煮物やデザートまで同じ皿って、ほんと、豪快ですね。
| Eri | 2010/04/24 10:36 PM |
私も毎週見ています。私の周りでも見ている人、多いですね。

かつおのたたきは大好きですが、高知の郷土料理だって知りませんでした。土佐造りってかつおのたたきだったんですね。
| るるか | 2010/04/24 6:51 PM |
コメントする


 





bolg index このページの先頭へ