blog index

Lohas & Living Food
(ロハス&リビングフード)

料理研究家Yukiyoが食にまつわるあれこれをご紹介します☆
<< 犬も夢中!の発酵食品 | main | ご当地系食べる調味料 >>
天然わら納豆

ワラで包まれた納豆って美味しいですね。



普段、スーパーで売られているパックの納豆を食べている方が多いと思います。
また、ワラに包まれているものもありますが、人為的純粋培養された納豆菌を添加して作られているものがほとんどで、ワラをただの容器に使っているにすぎず、ワラに生息している納豆菌を活用したものとはほど遠いのだそうです

「天然わら納豆ふくふく」「豆うまか(小粒)」は、本物の納豆が食べたいという声にに応えてくれた、真岡市の福田良夫さんによる天然ワラ納豆です。
厳選された栃木産無農薬有機栽培の大豆、不純物を一切含まない天然水、重金属などの有害物質を含まない天然塩。これらの最高の素材をもとに、食の安全・安心を最優先にとらえ、天然の納豆菌を中心に独自技術で抽出した納豆菌を使い、昔ながらの「わらづと」で、発酵・熟成させた本物の納豆です。国産無肥料栽培大豆100%使用。ワラも大豆も無農薬で安心ですね

大豆の香りや味がしっかり感じられ、とても美味しいです
メディアでも色々紹介されているので、ご存知の方も多いかと思いますが、まだ召しあがったことのない方は、機会があればぜひ試してみて下さいね。
 わら納豆ふくふく

------納豆伝説----------------------------------------------------------
平安時代後期の武将 源義家(頼義の長男)は、通称「八幡太郎」と呼ばれ、語り継がれています。
八幡太郎は、馬糧大豆の中から「納豆菌で発酵した大豆=糸引き納豆」を発見したのだそうです。
馬糧に利用する大豆は、煮豆したものを日干し、ワラを編んだ豆俵にして運んでいましたが、煮豆を日干しする時間がとれない時などは、豆が煮上がった所で煮汁を捨て、煮豆を俵にそのまま詰める事もあったとのこと。俵のワラに生息していた納豆菌は、その熱い熱によって覚醒し、煮豆が適度に冷えた頃に繁殖し始め、煮豆は1日〜2日で糸引き納豆へ変化していったのだそうです。
--------------------------------------------------------------------------

 納豆と酵素
 犬も夢中!の発酵食品

ご訪問ありがとうございます
ポチっとクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ 


 

| Yukiyo | 商品紹介 | 20:16 | comments(5) | - |
コメント
無農薬っていうのはありそうですが、無肥料っていうのはすごいですね。ぜひ食べてみたいです。
| サリー | 2010/05/18 6:55 PM |
以前、ワラに包まれた納豆を食べたことありますが、ただ、容器に使っていただけなのかもしれないですね。
一度、本物を食べてみたいです。
| Hana | 2010/05/18 6:40 PM |
この納豆、テレビで見て、気になってました。美味しいだけじゃないんですね。
| 亜依 | 2010/05/18 1:17 PM |
おいしいそうですね〜
それ食べてみたいです。
チャコには内緒で・・・
| チャコまま | 2010/05/18 9:08 AM |
ワラの納豆、美味しそう!
近所のスーパーには売っていません。
| Kyoko | 2010/05/17 11:58 PM |
コメントする


 





bolg index このページの先頭へ