blog index

Lohas & Living Food
(ロハス&リビングフード)

料理研究家Yukiyoが食にまつわるあれこれをご紹介します☆
<< 梅酒と氷砂糖 | main | うなぎ料理 >>
土用の丑の日

今年の土用の入りは7月20日、土用の丑の日は7月26日です。

土用はは年に4回あり、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの各季の前の18日間をさします。
「土用の明け」は次の季節の始まる日の前日を指し、夏土用は、立秋の前の日に終わります。今年の立秋は8月7日ですので、土用の明けは8月6日となります。
異なる季節の間に「土用」を置くことで、消滅する古い季節と、新しい季節の性質を静かに交代させる働きをするのだそうです。

丑の日の「丑」は十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の丑です。
各土用の中で丑の日にあたる日が「土用丑の日」で、一般的には「夏土用の最初の丑の日」に「土用丑」と称してうなぎを食べる習慣があります。

土用にうなぎを食べる習慣が一般化したきっかけは、夏場にうなぎが売れないので何とかしたいと近所のうなぎ屋に相談された平賀源内が、「本日、土用丑の日」と書いた張り紙を張り出したところ、大繁盛したことがきっかけだと言われていることは有名ですが、万葉集には夏バテに効く「むなぎ」(うなぎのこと)を食べた方がいいと大伴家持の歌が収められていることからわかるように、日本では夏にうなぎを食べる習慣は古くからあったようですね。

ちなみに、関西風のうなぎは、腹開きにして、蒸さずに焼き、パリッとしていて香ばしく、関東風は背開きにして、一度白焼きしたものを、蒸してから再び焼くので淡白で柔らかいのが特徴です。

うなぎ料理 へ続く・・・

-------------------------------------------------------------
【  発売中 】
かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78
かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 By Yukiyo
-------------------------------------------------------------

| Yukiyo | 行事食&季節食・食文化 | 12:25 | comments(2) | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/08/13 3:27 PM |
土用の丑の日って、夏だけじゃないんですね。
平賀源内の話はどこかで聞いたことがあります。(テレビかな?)

今年はまだうなぎ、食べていません。
せっかっくなので、丑の日(26日)に食べようと思います。
| Yoko | 2010/07/24 5:50 PM |
コメントする


 





bolg index このページの先頭へ