blog index

Lohas & Living Food
(ロハス&リビングフード)

料理研究家Yukiyoが食にまつわるあれこれをご紹介します☆
<< 酵素の材料 | main | お屠蘇のススメ >>
酵素と生長点

昨日は 冬至でしたね。
皆さん、かぼちゃ、食べましたか?

秋の酵素は遅くまで冬至までに・・・と書きましたが、作り始めが遅すぎたのと寒い日が続いたのとで、まだ仕上がっていません
以前、同時期に作った時も時間は少しかかったけど、とてもよくできました。

でも、やっぱり秋の酵素は10〜11月頃に仕込むのがBestですね。

先日、秋の酵素には、野菜や果物の他に、穀類を入れると書きましたが、実はもう1つ、あればぜひ入れたいものがあります。

それは…「生長点」のものです。

生長点とは、茎や根で活発に細胞分裂して新しい組織を作る基になる部分…土に戻してもなかなか分解しない、元気で生命力あふれる部分です。

例えば、芝刈りをしたら、芝生が茶色になってしまったという経験ありませんか?
それは「ジク刈り」が原因です。ジク刈りは芝生の生長点よりも低く刈り込んだことで起き、主に光合成をする葉がないため、生長が鈍くなり、茶色の茎部分ばかり見えてしまうのです。
芝生の生長点は茶色のところと緑色の境目あたりです。
綺麗な芝生を作るために、生長点をきちんとわかっていることが大切ですね。

では、野菜の生長点はどこでしょうか?
キャベツやレタスの場合は芯の部分、人参、大根、ほうれん草の場合は葉の付け根付近などにあります。
キュウリやトマト、ナスの場合はわき芽の部分です。


今回の酵素には、生長点のものとして、イタドリの根を乾燥させたものと、オオバコの種をそれぞれ少しずつ加えました。

酵素 生長点

イタドリ(虎杖)は、タデ科の多年草です。
30cm〜40cmが食べ頃になり、根もと近くでひっぱり気味に折ると、ポキンと音がします。
高知県で摂れますが、関東ではあまりなじみがないですね。

イタドリの食べ方やお料理についてはまた別の機会に・・・

| Yukiyo | I love 酵素&酵母 | 23:53 | comments(1) | - |
コメント
はじめまして

芝生の生長点の話、納得です。
いつも刈り込みすぎていたんだなと思います。
| ダム | 2010/12/26 4:04 PM |
コメントする


 





bolg index このページの先頭へ