blog index

Lohas & Living Food
(ロハス&リビングフード)

料理研究家Yukiyoが食にまつわるあれこれをご紹介します☆
<< ハマグリで解毒作用促進! | main | 被災地域の皆さまへ >>
菜の花を食べましょう
今日は楽しいひな祭り〜♪ ですね。

お雛様

ひな祭りの食といえば、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物など色々ありますが、「菜の花」もはずせません。

辛子和え、お浸し、パスタ、サラダ、炒め物など色々バリエーションを楽しめますね。

菜の花 菜の花の辛子和え

菜の花はアブラナ科の、とても栄養価の高い緑黄色野菜です。
菜種油を採る目的で紀元前から世界中で広く栽培されていましたが、明治時代以降、食用としても作られるようになりました。

菜の花の栄養
βカロチンやビタミンB1・B2、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維などの豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。
免疫力アップ、がん予防、風邪予防、高血圧の予防、貧血予防、便秘解消、美肌効果が期待できます。

選び方と調理のポイント
濃い緑色で茎や葉がピンと張り、切り口のみずみずしいものが新鮮です。
つぼみの部分が、柔らかく美味しいので、花が開いていないものを選びましょう。 茹でる場合は、ビタミン類流出を防ぎ、ほろ苦さ、かすかな辛味と歯ざわりを生かすよう、塩少々を加えた熱湯で手早く茹で上げます。
油で手早く炒めるなど、油脂と一緒に食べることでカロチンの吸収率を高めることができます。

保存方法
その日のうちに食べないものは、湿らせた新聞紙かキッチンペーパーに包んで、冷蔵庫の野菜室に保管すれば2〜3日は日持ちします。
さっと茹でたものをラップにくるんで冷凍すると長期間保存可能です。


菜の花の独特のほろ苦さが、寒い冬の間機能が低下していた胃腸を刺激し、春の活動期に合わせて活性化してくれます。
今の季節、ぜひ食べたい旬のお野菜です。

ちなみに、山口県産の、菜の花に良く似たはなっこりーという野菜も今が旬です。
菜の花よりくせがないので、お子様にも食べやすいですよ。
「はなっこりーを食べましょう」は、山口弁では、「菜の花を食べちゃろ」です。
何だかかわゆいですよね

みなさん、楽しいひな祭りをお過ごしください
| Yukiyo | 野菜で元気 ♪ | 01:11 | comments(1) | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/05/22 9:57 PM |
コメントする


 





bolg index このページの先頭へ