blog index

Lohas & Living Food
(ロハス&リビングフード)

料理研究家Yukiyoが食にまつわるあれこれをご紹介します☆
<< グリーンコンシューマ | main | 野菜をまるごと食べましょう:ゴーヤ編 >>
ゴーヤの保存法いろいろ



先日紹介した、グリーンカーテンの達人のお宅のゴーヤカーテンを下から撮った写真です。1年で1300個もできるそうです。すごいですね

選び方
イボにツヤとハリがあり、密集しているもの、鮮やかな緑色でピカピカとしているものをを選びましょう。持ってみてずっしりと重いものが良いです

保存法
生で保存(約1週間位)
ワタから腐り始めるので、種とワタを取り除いてから水洗いせず、ラップでぴっちり包んで、または新聞紙にくるんでビニール袋に入れて冷蔵庫(野菜室)で保存。
温度の高い場所に放置しておくと、黄化が早まってビタミンCが損失するので要注意です

冷凍保存(約1〜2ヶ月位)
ワタと種を取り除き、薄切りにして、小分けしてラップに包むか、フリーザーバックに入れて冷凍。加熱料理に…解凍せずそのまま使えます。

乾燥保存(約半年位)
薄くスライスしてザルに広げ、天日干しして乾燥させます。
切干大根のように水で戻して調理すると、生とは違った味わいを楽しめます。
ビタミンやミネラルの栄養価がUPします


以上が代表的な保存法ですが、お茶や佃煮などにして保存するのもいいですね!

ゴーヤ茶
薄くスライスしてザルに広げ、天日干しして乾燥させたものを焙煎し、保存瓶で保存します。
飲む時は熱湯を注いでしばらくおいてくださいね。
市販のゴーヤ茶もありますが、ぜひ手作りで…。

ゴーヤ酒
縦2等分にし、ワタと種を取り除いてスライスしたゴーヤを、氷砂糖と泡盛と共に密閉容器に入れて冷暗所で2週間位保存します。ゴーヤとホワイトリカーだけでもOK!その場合は1カ月位から飲めますが、3か月以上熟成させると飲みやすくなります。

かりんとう
ゴーヤは縦2等分にし、ワタと種を取り除いて1cm位にスライスし、グラニュー糖と共に鍋に入れ20分位おいて少し水分が出てきたら、火にかけ、火加減を調節しながら、汁気がなくなるまで煮詰め、グラニュー糖が白く固まってきて、ゴーヤ全体にくっついてきたら、広げて冷まします。

佃煮
種とワタを取り除いて薄くスライスし、熱湯でさっと茹で、水けをよくとり、沸騰させた調味料(てんさい糖・しょうゆ・酢)に入れ、中火で汁気がなくなるまで煮て、仕上げにかつお節と胡麻をふります。
苦味が苦手な人でも食べられると思います。オススメです


ご訪問、ありがとうございます。
約1年ぶりに ブログ村ランキングに参加しました。ポチっと、クリックお願いします

料理研究家
← ポチッ
  

| Yukiyo | 野菜で元気 ♪ | 20:21 | comments(7) | - |
コメント
皆さま

コメント、どうもありがとうございました(*^-^)

ゴーヤに限らず、保存法を工夫して、無駄なくいただきたいですね。
ゴーヤ酵母でパンを焼いてもいいですね!
| Yukiyo | 2011/09/05 11:31 PM |
ゴーヤ今年まだ1回しか食べていません。
美容と健康にゴーヤ、この時期に食べないと・・・
お茶に挑戦してみようかな
| hiro | 2011/09/02 7:36 PM |
ゴーヤはビタミンCが豊富というのは聞いたことがありましたが、加熱したら壊れてしまうのに・・・と思っていましたが、ゴーヤのビタミンCは壊れにくいんですね!
| ご〜や | 2011/09/01 5:42 PM |
来年はゴーヤのグリーンカーテン、挑戦してみます!
| メロンパンナ | 2011/09/01 1:15 AM |
こんにちは!

乾燥させれば長くもつし、お茶にもできていいですね☆
| まぁさ | 2011/08/31 3:34 PM |
佃煮、美味しそうですね。
作ってみようと思います。
| 京香 | 2011/08/31 1:24 PM |
たくさんいただいて、何度か腐らせてしまったことがあります。冷凍できるんですね。
お茶も作ってみたいです。
| Tomi | 2011/08/30 10:29 PM |
コメントする


 





bolg index このページの先頭へ