blog index

Lohas & Living Food
(ロハス&リビングフード)

料理研究家Yukiyoが食にまつわるあれこれをご紹介します☆
菜の花を食べましょう
今日は楽しいひな祭り〜♪ ですね。

お雛様

ひな祭りの食といえば、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物など色々ありますが、「菜の花」もはずせません。

辛子和え、お浸し、パスタ、サラダ、炒め物など色々バリエーションを楽しめますね。

菜の花 菜の花の辛子和え

菜の花はアブラナ科の、とても栄養価の高い緑黄色野菜です。
菜種油を採る目的で紀元前から世界中で広く栽培されていましたが、明治時代以降、食用としても作られるようになりました。

菜の花の栄養
βカロチンやビタミンB1・B2、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維などの豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。
免疫力アップ、がん予防、風邪予防、高血圧の予防、貧血予防、便秘解消、美肌効果が期待できます。

選び方と調理のポイント
濃い緑色で茎や葉がピンと張り、切り口のみずみずしいものが新鮮です。
つぼみの部分が、柔らかく美味しいので、花が開いていないものを選びましょう。 茹でる場合は、ビタミン類流出を防ぎ、ほろ苦さ、かすかな辛味と歯ざわりを生かすよう、塩少々を加えた熱湯で手早く茹で上げます。
油で手早く炒めるなど、油脂と一緒に食べることでカロチンの吸収率を高めることができます。

保存方法
その日のうちに食べないものは、湿らせた新聞紙かキッチンペーパーに包んで、冷蔵庫の野菜室に保管すれば2〜3日は日持ちします。
さっと茹でたものをラップにくるんで冷凍すると長期間保存可能です。


菜の花の独特のほろ苦さが、寒い冬の間機能が低下していた胃腸を刺激し、春の活動期に合わせて活性化してくれます。
今の季節、ぜひ食べたい旬のお野菜です。

ちなみに、山口県産の、菜の花に良く似たはなっこりーという野菜も今が旬です。
菜の花よりくせがないので、お子様にも食べやすいですよ。
「はなっこりーを食べましょう」は、山口弁では、「菜の花を食べちゃろ」です。
何だかかわゆいですよね

みなさん、楽しいひな祭りをお過ごしください
| Yukiyo | 野菜で元気 ♪ | 01:11 | comments(1) | - |
レンコンで花粉対策

明日から2月だというのに、なんと今年初ブログ。。。
昨年秋頃からず〜っと忙していましたが、ようやく落ち着いてきました。

寒さと乾燥で、風邪やインフルエンザが流行っていますね。
冷え対策と乾燥対策はしているものの、睡眠があまりとれずバテ気味だったので、懸念していましたが、食事やハーブで免疫力UPを心がけていたせいか、風邪もひかず、とっても元気です

風邪やインフルエンザも心配ですが、そろそろ花粉対策を始めるシーズンですね。
花粉症に効果的な食べ物 や、花粉症の食事対策 については以前書きましたが、今日は中でも最近注目を集めているレンコン(蓮根)についてお話しますね。
「見通しがきく」ことから、昔からお正月などに欠かせない縁起のいい野菜ですよね

形がふっくらとして丸く肉厚のもの、節と節の間が長く太くてまっすぐなもの、外皮が淡黄色か淡褐色で傷がなくつやがあるものを選びましょう。あまり白いものは漂白しているので、避けましょう。


以前、活性酸素を除去し、免疫力するポリフェノールが花粉症に効果的というお話をしましたが、レンコンにはポリフェノールが豊富に含まれていますし、レンコンに含まれるタンニンには、消炎、咳止め、止血などの効果があり、ビタミンCが粘膜を丈夫にしてくれます。



レンコンは、切り方や調理法で食感がまったく違ってきます。

歯ざわりを生かして酢の物や煮物に。すりおろして蒸し物、揚げ物にすると、ねっとり、もっちりとした食感が楽しめます。また、とろみをいかしてスープにしたり、焼いてほっくり感を出したり…
それぞれの食感を活かし、色々なお料理を楽しみたいですね

 ベジしゅうまい
ベジしゅうまい:かわいいタジン鍋 By Yukiyo

お肉を使わず、野菜だけのしゅうまいです。
レンコンがもっちりとした食感を出しています。
トッピングはお好みで・・・
野菜嫌いのお子様や、アレルギーの方におススメです

かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78
P28をご参照くださいネ
 

| Yukiyo | 野菜で元気 ♪ | 20:12 | comments(3) | - |
みずの実

みずの実ってご存知ですか?
山菜「あかみず」の「」です。

みずの実

秋田の特産品ですが、先日、近所の八百屋さんにあり、即買いました。
生のみずの実は関東ではちょっと珍しいですよね。

みず(イラクサ科ウワバミソウ属)は、5〜6月にかけてその茎が食用とされます。独特の粘りがあり、山菜としては珍しくアクがなくあっさりしています。
秋になると枝の葉の根元に赤く膨らんだ実をつけます。これが地面に落ちるとそこからまたみずが発生します。これをむかご(肉芽)と言います。

みずの実は一本のミズから4〜5個しか取れないとても貴重なものなのだそうです。
秋田では「みずの実」以外、「みずの子」や「みず玉」「みずのこぶ」などと呼び、コリコリした独特な歯ごたえとツルッっとした食感で、主に塩漬けなどにされて珍味として利用されています。
また、あかみずは、ビタミンC を多く含むので、細胞を活性化し老化防止に役立ちます

生の状態は写真↑のように、小豆色ですが、塩茹でするときれいな緑青色になります。
生のままでも美味しくいただけますが、茹でるとツルッっとした食感を楽しめます
茹みずの実

アクの少ないくせのない山菜なので、アク抜きの必要はありません。
さっと茹でたものを出汁と醤油に半日位漬けると美味しいですし、日持ちがしますので、大量に作って、冷蔵庫で保管しておくといいですね。冷凍にはむきませんので、長く保存したい場合は、塩蔵にしましょう。

みずとろろ  (茎の部分)
茎の根元の部分を生のまま、細かく刻むか、包丁の背でたたくか、すり鉢でする。(粘りが出てとろろ状になるまで)
醤油、だし、わさび醤油などで味を調えます。梅肉もあいます。
すりおろしたやまいもと混ぜてもGood

みずの実のしょうゆ漬け
みずの実 しょうゆ漬け

熱湯でさっと塩茹でし、容器に入れ、ひたる位の、醤油(+だし汁+酒)を加えて一晩漬けます。
ミョウガやショウガ、人参などと一緒に、めんつゆで漬けても簡単です。

他に、きんぴらや炒め物、じゃこやなめこなどとの和え物なども美味しいです。

生のみずの実はなかなか手に入らないかもしれないけれど、機会があったら、ぜひ試してみて下さいね!

-------------------------------------------------------------
【  発売中 】
かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78
かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 By Yukiyo
-------------------------------------------------------------

| Yukiyo | 野菜で元気 ♪ | 21:10 | comments(3) | - |
ソムタム

急に涼しくなりましたね。
ずっと、目が回るほど忙しくて・・・
以前書いたものをようやくアップします。。。


青パパイヤの料理といえば、沖縄のイリチー(豚肉と青パパイアの炒め物)と、タイのソムタム(青パパイアのサラダ)がポピュラーですね。
他には、きんぴら、和えもの、パスタ、スープなども美味しいです。

でも私はやっぱりソムタムが一番好き



青パパイアは皮をむいてシリシリに・・・。

シリシリ器のある人はそれで、ない人は、こんな風に包丁で切りこみを入れてピーラーでそぐと、千切りとは違った食感が楽しめます。


単体でもいいし、他の野菜をプラスしても…。
今回は、家にあったニンジンと貝割れ大根をプラス。トマトなどもいいですね。

にんにくと、唐辛子(種は除く)、干蝦(又はさくら海老)をすりつぶし、ナッツ類(ピーナッツ、アーモンド、カシュナッツなど)を加えて粗くつぶし、ライム汁(又はレモン汁)、ナンブラー、甜菜糖を混ぜ合わせ、野菜と和えて出来上がり・・・。と〜っても簡単!

ソムタム食べたら、久々にまたタイに行きたくなってきちゃいました

 完熟果物、未熟野菜

-------------------------------------------------------------
【  発売中 】
かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78
かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 By Yukiyo
-------------------------------------------------------------

| Yukiyo | 野菜で元気 ♪ | 19:51 | comments(3) | - |
完熟果物、未熟野菜

なんの花かわかりますか?




沖縄の方はもちろん、沖縄やタイ、ベトナムなどをよく旅行される方にはわかると思います。
南国の、強い太陽の下で育ち、不思議なパワーが秘められています。
新大陸を発見したコロンブスは、隊の一員が倒れた時、それを食べて、たちまち治ってまったのに驚き、魔法の木の実として、その種を本国に持ち帰ったという話は有名です。




そう…パパイアの花です。

パパイアには、独自の酵素や、18種のアミノ酸やビタミンC食物繊維β-カロテンなど、さまざまな成分が豊富に含まれているので、「天使のフルーツ」とか「メディカルフルーツ」とも呼ばれています。

また、パパイアには血液をきれいにして血行をよくする葉酸が多く含まれています。
厚生労働省の食事摂取基準では、葉酸の必要量は一般女性で200㎍、妊婦さんは400㎍。授乳期のママも300㎍ぐらいは必要とされています。パパイアなら、半分でも1日の必要量の多くをまかなえますので、妊婦さんや産後の方、貧血の方などにオススメです。



パパイア…と言えば、オレンジ色をしたフルーツですが、これは熟した状態で、沖縄や、ベトナム、タイでは、主にフルーツとしてではなく、野菜として熟していない青パパイアを食します。

沖縄では、青パパイアを「万寿瓜」と呼び、昔から母乳の出を良くするため母親に与えられていて、「医者いらずのぬちぐすい(命の薬)」とも言われています。



青パパイアは馴染みのない方や食べたことのない方もいるかもしれませんね。
私もタイで食べて以来…、本当に久々に食べました。
青パパイアの食べ方やお料理については近々ふれますね。

-------------------------------------------------------------
【  発売中 】
かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78
かわいいタジン鍋 野菜たっぷりヘルシーレシピ78 By Yukiyo
-------------------------------------------------------------

| Yukiyo | 野菜で元気 ♪ | 12:47 | comments(2) | - |

 





bolg index このページの先頭へ